さまざまな活躍場

カウンセラーになりたい、勉強をしてみたい人にはメンタルケア心理士の勉強がお勧めです。勉強内容がまず解剖生理学や精神医科学やカウセリング技法など多岐にわたります。心の専門家とはいえ、さまざまなことを知っておくことが大切です。これは広い視点からクライアントの問題を見るのに役立ちます。また、このメンタルケア心理士の資格取得後には勉強が一生続けられる環境が整っています。メンタルケア心理士は国家資格ではなく民間資格です。ですが、内閣府認証設立の医療福祉情報実務能力協会と財団法人生涯学習開発財団の2つの団体の認定証書が発行されます。しっかりとした団体の認定を受けることができますので自信をもってクライアントにアピールすることができます。

メンタルケア心理士の資格取得してからの活用方法はさまざまです。専門のカウンセラーになる人もいれば勤め先を変えることなくメンタルケア心理士の資格を活かして活躍されている人もいます。資格取得後の活用方法は人によってさまざまです。ただ、1つ言えることは人間関係の問題解決と改善に活用できる点です。直接の収入に結びつかなくとも資格取得後は自分自身が人間関係のトラブルを冷静に見ることができるようになり、改善へと導くことができるようになる点です。また、メンタルケア心理士には上級の資格もありそれを目指す最初のステップにもなります。メンタルケア心理士はこころの専門家です。近年のカウセリングの需要の多さからも活躍の場は広がっていくでしょう。